読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドバッグ

 

f:id:mharuki:20170525070544j:plain

 

ハンドバッグ、修理引き受けます。

靴、あります。

入ってみたいお店。

国語辞典

新選国語辞典 小学館 昭和34年11月1日初版発行。

確か、兄のお下がり。

中学生になると漢和辞典と英和辞典と国語辞典を買うんじゃなかったっけ。

3つ違いなので、ほとんど勉強しない兄の新品同様のが私に回って来た。

ほんで兄は高校で、またどっさり使いもしない本を買うのだ。

でも、この小学館 新選国語辞典はとても気に入っている。

だからもうボロボロ。

そろそろ新しいのを買おうと、一度探してみたけれど、

なかなか気にいったのがない。

大きさとか、内容とか、・・。

辞典って、意外と大変なのね、選ぶのが。

 

ところで、『仏説観普賢菩薩行法経』の要点を現代語に訳してあるものが

いいので、ここに備忘録として記しておこうと思ったんだけど、

時間がないのでまたこの次。

さて、朝ごはんにしなきゃ。

 

f:id:mharuki:20170421001415j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贈る

f:id:mharuki:20170213224512j:plain

 

 

贈り物は難しい。

 

喜んで貰いたくて、贈る。

 

一所懸命、考えて、選ぶ。

 

ちょっとだけ、迷う。

 

けれど、やはりこれに決める。

 

よし、ラッピング。

 

はい、これ!

 

わあ、ありがとう!

 

笑顔。

 

目の前で開ける。

 

早速使う。

 

ちょっと、不満。

 

でも、ありがとう。

 

しばらくして、

 

慣れるまで、やっぱり前の財布、使うわ。

 

て、使わなきゃ慣れないし。

 

身内は、正直で、いい。

 

使い勝手がな、たぶん、ちょっとな、

 

と思ったんだよね~~~、やっぱり、あたり。

 

これ、使わない。 いらない。

 

て、言えるのは、身内だから、ね。

 

いいことだ。

サギ

f:id:mharuki:20160922201059j:plain

 

すっかり朝の気温が下がった。

 

少々バタついても汗が出ない、ひんやり感。

 

夕暮れも早くなる。

 

夜長が、楽しみな季節到来。

 

f:id:mharuki:20160922201122j:plain

かこ

f:id:mharuki:20160914223728j:plain

 

地方都市、平日の昼2時、ショッピングモール。

結構な人出。

うわっ、何だこの人の多さは、

あれ、若いカップル?、ふたり揃ってお仕事お休み?木曜日に?

子連れ女性は専業主婦、年配男女は年金暮らし、

年配女性と若い女性の二人連れは母娘、だけど、

娘が若すぎると、え?あんたニート?。

若い兄ちゃん、学生?じゃなさそう、って求職中かな、

兎に角、なんでこんなに木曜日の昼の2時にショッピングモールで遊んでる人が多いのぉ~~~~?!

私は、仕事で頼まれたものを買いに来ました。

 

「ふきげんな過去」(監督・前田司郎)という映画を観ました。

二階堂ふみちゃんと小泉今日子さん、主演。

評判は聞いてたけど、実際二階堂ふみちゃんの演技を観るのは初めて。

確かに、上手い。

上手すぎるくらいうまい!

カンがいい、というか、リズム感があるというか、演出の力もあるだろうけど、

役者の才能がないとああはいかないよなぁ、と思って最後まで観てました。

お話の真ん中あたりで、ぐっときた台詞、小泉さんの台詞ですが、

せつなくて、きれいだねぇ、というのがあって、

その瞬間、じわっと涙腺が・・・・。

ああ、いい映画だった。

冒頭、何かの音が一定間隔でしてるのですが、一体それが何の音なのか、

気になります。

あれは、つかみとして最高ではないでしょうか。

 

だいたい、4、5年に1回、私はこうしていい映画にめぐりあいます。

幸せなことです。

 

f:id:mharuki:20160914223044j:plain

 

ゆく夏

f:id:mharuki:20160827091506j:plain

f:id:mharuki:20160827091534j:plain

 

f:id:mharuki:20160827091632j:plain

 

f:id:mharuki:20160827091749j:plain

 

夏にさよなら、もうすぐさよなら、それが嬉しい。

盆を過ぎると、って言葉が、好き。

少しは過ごしやすくなって、ってのも好き。

なごり惜しくなんかない。

こんな猛暑早く終わって。

北欧ってところに、一度は行ってみたいもんだ。

旅嫌いは直らないけど、一度は行ってみるもんだ。

 

もうすぐ9月。

8月よ、さようなら。

地図

街は活動していた。自分の中の何者をも動かそうとしない典子とは対照的に。

今朝も早くから車は往来を通り過ぎ、新聞配達のせわしない足音はコンクリートの階段をかけ昇って来た。やがて、ガレージに車のエンジン音は響き渡り、人の話し声、子どもの狂声は狭い路地から路地へこだましていく。

陽が反射して窓がようやく明るくなったなと思うと、時計は早や昼近くを指している。昨夜からの冷えこみで水の出なくなった水道のことを考えると典子は何もできないのが億劫で仕方なかった。が、起き上がることにしよう。

新聞に目を通していると、急に地図を思い出した。

そうだ、N市の中原の住所だ。地図を拡げる。だが典子の持っていた地図は小さすぎて中原の住所は載っていない。時刻表の地図は。もっと小さすぎて載っていない。じゃあN市の隣のM市の地図には、やはり載っていない。典子は、地図にない中原の住所に疑惑を抱いた。もともと、ない住所だったのかもしれない。それを、この数ヶ月、典子は中原の居所として信じていた。だが、実際行って確かめたわけでもない。手紙を出したわけでもない。中原は実在しない住所に居た。いや、居ないのかもしれない。典子の中に住む中原と、この住所に居るはずの中原は、もう同一人物ではないのかもしれない。

—―認めたくない事実を、目の前に叩きつけられたような気がして、典子は茫然とした。だが、それも束の間、典子の心はどこか遠くを彷徨っている。

地図を本棚にしまってしまえば、それで終わりだ。

所在のわからない人間に対して、どうしようもない事がわかった今、典子にできることは一つ。アキラメルことしかなかった。

典子は諦めて立ち上がった。顔を洗って化粧をする。服を着替えてバッグを持つ。ピンヒールのパンプスを履き、5階の部屋を後にして、華やかな典子の戦場へと出発した。

 

f:id:mharuki:20160814113045j:plain